忙しい現代人の悩みを家族葬が解決してくれる

お葬式

故人の思い出を整理する

手袋をつける人

年をとると体を思うように動かせなくなります。亡くなった妻や夫の遺品を整理したいと思っても、体力的な理由でなかなか整理することができずにいる人が少なくありません。そのような場合に利用することができるのが、遺品整理の専門業者です。

Read More

低価格で心をこめて

ダンボール

大切な故人の遺品を整理したけど、なかなか手が付けられないという場合は、名古屋の遺品整理サービスを利用するとよいでしょう。このサービスでは、遺品整理から特殊清掃まで様々な業務を行なってくれます。また、料金も明確で追加料金を請求される心配もないので、安心して利用できます。

Read More

人が亡くなると悲しいです

作業員

1人で晩年を過ごされた方が亡くなったときに遺品整理をしなくてはならないことがあります。大阪市には遺品整理をしてくれる業者がありますので依頼をいるといいでしょう。残したいものは手元に置くことができるので安心して任せることができます。

Read More

家族だけでお葬式

男の人

無用な気遣い不要

昔はお葬式というと近所の人がやってきて故人を悼んだり、お葬式のお手伝いしてくれるのが一般的でした。普段から交流があり、故人とも親しい人が多かったからです。しかし今は近所付き合いも希薄になりました。長い間入院していたり、老人ホームに入居していた場合には故人を知る人がほとんどいないということもあります。その為増えてきたのが家族葬です。家族の他は故人を良く知っていた人だけで行うお葬式です。親しい人だけで行うお葬式なので、通常のお葬式のように色々な人に挨拶などする必要がありません。小規模なので準備も簡単にでき、ゆっくりと故人を悼む時間をもつことができます。また家族葬は仏式だけではなくキリスト教や無宗教でも執り行うことができます。

融通がきく

家族葬は親しい人だけで行えるので、葬儀の段取りや納骨などのスケジュールを家族の都合の良いように行うことができます。通常のお葬式だと納骨は後日になりますが、遠方に住んでいる家族がまた来ることが出来ない場合には納骨まで済ませることも可能です。参列者の中に病気の人がいて葬儀の途中で体調が悪くなった時でも、他の人の目を気にせずに休むことができます。また昔と比べると自分のお葬式は自分らしく執り行いと考える人が増えてきました。遺影の写真や花や音楽、式の進行に至るまで計画を立てる人もいます。家族葬ならそういった希望を叶えてあげることができます。また家族葬は参列者が少ない為、料理や会葬返礼品の数も少なくてすみ、その分お葬式の費用も安く抑えることができます。